代表ごあいさつ – 創業にあたり –

元気な町には、元気な人も、元気な企業も、いる。

突然ですが、あなたの住む町が、こんなところだとします。

  • 元気な人たちがいる。
  • その人たちのおかげで、その町は活気があふれている。

つまり、町の活気の源、それは「元気な人」です。

では、元気な人の「元気」は、どこから来ているのか。その源のことを、ここでは原動力と申します。

この原動力を解き明かすことができれば、「元気な町」の秘訣が分かりますね。

秘訣を解き明かせば、明白な根拠のある戦略や戦術を打ち出せます。賛同者を募りやすくなりますので、多くのステークホルダーと心を一つにし、ブラック・スパイ(後述)と戦うことも可能です!

これが、ご挨拶に添えて申し上げたいことです。

はじめまして、SPYリレーションズ株式会社です!

SPYリレーションズの奥村です。縁あって、廿日市市佐伯地域で創業させていただくことになりました。

当社が目指す会社像は次のとおりです。

  • 地域の未来を見据えながら、地域の今を担う会社

要するに…

  • for the 地域

です。

地域を消滅させようと暗躍するブラック・スパイがいるとしたら、当社は地域を発展させようと活動するホワイト・スパイです。

高齢化が進んでいる。人口減少も進んでいる。世の中が収縮し始めている。ふるさとの将来展望、そんなビジョンを描くのが難しくなってきた。

これらは全部、ブラック・スパイの仕業です。

そんな今、地域や行政だけでなく、会社にもできることがあるんじゃないか、会社ならば、また違った切り口を見せられるんじゃないか。

この仮説を証明すべく、事業を推進して参る所存です。

さて、先ほどの原動力(元気な人、その元気の源)についてですが、私ならば、次のように答えます。

  • お金と時間

(もちろん、やる気も必要です。しかし、「お金と時間」がなければ、やりたいことよりも、やらなければならないことに意識を向けざるを得ません。)

「元気な町」※1に住んでいる「元気なあなた」の生活モデル

秘訣を解き明かすために、まずは与条件から。「元気な町」に住んでいる「元気なあなた」を具体的に設定します。グレー文字は補足事項ですので読み飛ばしてもかまいません。

(1)あなたの地元は活気があり、多様な環境が広がる元気な町です。

(2)あなたの能力を活かせる仕事も見つけやすく、仕事上で新たな経験も積むことができます。

ちなみに、多様な環境では、様々な場所やシーンで持続する仕組みが確立され、多様性を支え合っています。そのカギとなるのは持続。持続とはエネルギーの循環であり、エネルギーとは経営資源(ヒト・モノ・カネ)。ですから、持続には経営資源が欠かせず、ヒトに関しては、現役世代の存在が不可欠です。よって、あなたは現役世代とします。

(3)あなたは現役世代のサラリーマン。

(4)仕事は忙しいですが、希望する職務を選べ、理想的な収入を得られ、充実した職業人生を送っています。しかも、地元で仕事をしているため、通勤にそれほど時間がかかりません。

(5)時間を有意義に使うことができ、経済活動だけでなく、社会貢献にも時間を割くことができます。

そんなあなたは「元気な人」として、この町の活気を支えています。

環境が変わると「元気な人」はどう変わるか

では、上記の与条件のうち、一部だけ、変更します。変更することによって、あなたの様子が変わってしまいますが、その「要因」が何なのか、探りながら読んでみてください。

町に元気がないだけで、元気を失ってしまう理由(1)

例えば、あなたの環境がこんな風に変わったとします。

(1)あなたの地元には活気がなく、昔も今も変わらない光景が広がっています。変わったのは人の往来。町を行き交う人影は少なくなる一方、ひっそりとしています。

(2)あなたの能力を活かせる仕事なんて見つかるはずもありません、だって多様性もなく、最低限のものしかここにはありませんから。

(3)あなたは現役世代のサラリーマン。

(4)自分の職業キャリアのことを考えた末、通勤には往復で2時間かかりますが、活気のある隣町で働くことに決めました。隣町での仕事は忙しいですが、希望した職務に就け、理想的な収入を得られ、あなたは充実した職業人生を送ることができています。しかし、地元でないため、通勤に時間を取られるのが悩みです。

(5)時間を有意義に使うことができず、平日は時間に追われる一方。休日はたまった疲れを取るのと家族サービスで精一杯、地元に貢献する時間が取れません。

生活基盤を支えるお金を隣町で稼がざるを得ない。これが時間の確保を妨げ、あなた自身の元気を奪っています。

町に元気がないだけで、元気を失ってしまう理由(2)

今度は、別の角度から、元気な人の環境を変えてみます。

あなたの地元には活気がなく、昔も今も変わらない光景が広がっています。変わったのは人の往来。町を行き交う人影がなくなり、ひっそりとしています。あなたの能力を活かせる仕事なんて見つかるはずもありませんが、隣町までの通勤時間の無駄、そして、通勤費の持ちだしが気になり、地元の企業で働くことにしました。

仕事は忙しくなく、定時退社できる毎日。その点はありがたいのですが、心配なのは家計。我が子の将来を考えると、本業の収入だけでやっていける手ごたえがなく、休みの日に運送会社や農家で副業を始めることにしました。地元で働くことで時間にゆとりを持てるはずが、ひっ迫する家計のために働いてばかり。生活のために休日も返上する有り様、地元に貢献する時間などありません。

生活基盤を支えるお金を稼ぐために町内で働いてばかりいる。先ほどと同様に、時間の確保を妨げ、あなた自身の元気を奪っています。

「元気な人」に必須となるもの

これらの例から分かるのは、まず、お金※2が人々の元気を左右しているということ。一定の生活水準に達する稼ぎを得られることが、最重要ということ。

次に、その上で、時間のゆとりを確保しなければならないということ。

これらが確保できなければ、町の活力を支える「元気な人」であることは、難しそうです。これが、

  • 原動力はお金と時間

と答えた理由です。

実はここまでの例え話、マルクスの下部構造をベースにしたものであり、大学などで経済学を学んだ誰しもが一度は学んでいる普遍的概念です。

「元気な人」と「元気な町」の関係

そして、前述のとおり町の活気、つまり町の多様性を支えるには経営資源(ヒト・モノ・カネ)が必要で、ヒトは現役世代であることが条件となります。「元気な町」が「元気な人」に依存している状況です。

ちなみに、現役世代と言っても年齢の区別があるわけではありません。経済活動に参画できる方は年齢に関わらず、この世代に該当します。元気な町を作っていくために、様々な年齢層の雇用の場を作ることが戦術的に正しいことは、別の機会に述べます。

「元気な人」と企業の関係

世の中、お金を得る手段は、投資、就業、年金とありますが、前述のとおり、現役世代は経営資源の一翼を担っているため、就業が手段となります。

更に就業は、自営、雇用と分かれますが、圧倒的に雇用が多く、民間企業での従業者が圧倒的に多いことが国の統計※3から分かっています。

よって、民間企業は雇用を支える基礎的母体であり、「元気な人」の生活基盤を支える受け皿です。そして、「元気な人」が企業に貢献すれば、企業は繁栄します。よって、「元気な人」と企業は相互依存関係と言えるでしょう。

「元気な町」と企業の関係

前述のとおり、企業は原動力の生活基盤を支え、「元気な町」に供給する重要な存在です。同じく前述のとおり、「元気な町」が「元気な人」に依存しています。よって、「元気な町」は企業に依存しています。

求められる企業の健康状態

以上から、元気な町には企業の存在も重要であることは明らかです。重要なのはその企業に元気なくしては、「元気な人」の受け皿となり得ないことから、「元気な企業」を作っていく、増やしていくことが重要と言えます。

ちなみに、企業は営利目的、つまり「儲け」のために存在していますが、「儲け=搾取=悪」という近世の東インド会社時代のような概念を持ち出してくると、悪の存在になってしまいます。しかし、前述の「下部構造」において企業は必須の存在で、これがないと下部構造が発展せず、社会の経済的基盤が安定しません。また、国の統計※3から分かるとおり、企業は日本における就業の主たる受け皿となっており、就業者の生活を支える重要な存在です。大切なのは、「街づくりの観点から企業の姿勢を論ずること」と私は考えています。例えば、街づくりの観点から「売上高人件費比率や労働分配率が高いこと」を企業に求めるべきであり、これを満たすには結局のところ、企業に儲けさせる必要があります。このことについては、別の機会に述べます。

ご挨拶の終わりに

  • 「元気な町」は「元気な人」に依存している
  • 「元気な人」は企業と相互依存関係にある
  • ゆえに、「元気な町」は企業に依存している

ご挨拶に代えて、以上のような証明を行いました。冒頭、「元気な町には、元気な人も、元気な企業も、いる。」とし、「元気な人」だけでなく、「元気な企業」の必要性も申し上げたのは、このようなロジックからです。

SPYリレーションズ株式会社は、その「元気な企業」を目指し、事業展開して参ります。皆様にはぜひ「元気な企業」、当社のサポーターになっていただきたく、お願い申し上げます。

どうぞよろしくお願い致します。

2018.1.11 奥村 拓道
2018.7.14 一部改変

(※1)
元気な町とは、やるべきことのために、町の内部において、人々の往来が絶えないの状態のことです。このような状態が見える町からは、活気が伝わってきます。

やるべきこととは、例えば、仕事や学業などで、それを怠ると生活や人生に支障が出るもののことです。

(※2)
お金を得る方法は、サラリーだけではありません。年金、配当、事業収入など様々な収入があります。しかし、例え不労所得と呼ばれるような収入であっても、元手が必要です。過去をたどれば、就業による元手が含まれていると考えられます。

本説明の目的は、「元気な町には、元気な人も、元気な企業も、いる。」ことについて明らかにするためのものですから、ここでは労働をお金の源泉と位置づけることで足る、と判断し、記載しています。

(※3)
総務省統計局の平成29年就業構造基本調査(2018年7月13日発表)によれば、自営及び家族従業者の数は6,838.5千人、雇用は59,208.1千人とのことで、就業は雇用が圧倒的に多くなっています。そして、その受け皿には、官公庁、企業などの営利法人、NPOなどの非営利法人等がありますが、官公庁従業者は2,348.4千人、営利法人たる民間企業が5,541.6千社で従業者数が57,428千人(総務省統計局の平成26年経済センサス基礎調査結果7-1産業別民営事業支所数と従業者数)、非営利法人の代表格であるNPOは51,829法人(特定非営利活動法人の認定数の推移平成30年5月現在、総務省NPOホームページ、NPO職員数は非公表)です。以上から、民間企業での就業者が圧倒的に多いことは明白です。

代表ご紹介

奥村 拓道おくむら ひろみち – Hiromichi Okumura –

ビジネスディベロッパー、SPYリレーションズ株式会社 代表取締役、廿日市市特別職

1972年8月、広島県呉市に生まれる。安芸郡熊野町、広島市安古市町を経て、佐伯郡廿日市町に移り住む。広島大学学校教育学部卒。2男1女の父。廿日市市平良在住。

代表のエピソード

32歳の時、当時の所属企業のボスから任された経営企画業務が契機となり、中小企業診断士を受験する。しかし、2次試験を2年連続でパスできず、「診断士に勝るには現場経験しかない!」と開き直る。診断士対策で学んだ知識を駆使し、財務、融資、法務、営業、製造、生産管理など、社内のあらゆる業務を経営企画の所掌業務と関連づけ、社内の機能やその連関を完全に掌握。会社内の何もかもを良くする、そのどん欲な姿勢の一方で、役員や仲間との協調性も大切にし、貴重な経営体験の数々を積ませていただいた。

次はコンサルで身を立てたい、そんな妄想でやられていたところ、株式会社広島マツダの「総務部長候補」の求人。ある方からご紹介いただき、「違うんだけどな…」と思いながらも、ボスは広島の経済界でも有名なお方、嫌なら断ればいいし、と採用面接に臨む。その面接の真っただ中、ボスから「採用っ!いつから来れる?」と突然の一言。即断即決、ボスの気風の良さに頭が真っ白になり、思わず「ありがとうございます」と答えてしまい、採用が決まる。入社後、半年も経たないうちに管理職、1年弱で子会社の代表取締役を拝命し任務にあたる。2016年7月、おりづるタワーの完成を見届け、家族の健康上の理由により退職。

月刊タウン情報ひろしま2015年11月号No.463広島の注目エリアを大特集Acrive!基町&紙屋町からニュース(2)「(仮称)広島ピースタワー」が来夏開業、広島人にこそ見て欲しい!広島らしさあふれる輝ける眺望(広島ピースタワー開設事務局 局長 奥村拓道さん
TjHiroshima No.463巻頭ニュースより

(仮称)広島ピースタワープロジェクト(現おりづるタワー)は、元々、法的な課題がクリアできず広島市建築指導課からNoを突きつけられており、私がプロジェクトに入った2012年1月の時点では何と1年以上も停滞。私がもたらしたプロジェクト最初の成果は、あるアイデアで広島市のNoをYesに転換させたこと。暗礁は乗り越えたものの、プロジェクトのゴールまではまだ果てしなく遠い道のり、そんな状況であることには変わりなかったが、そのブレークスルーがボスの目に留まり、プロジェクトリーダーを仰せつかる。ここでもボスの気風の良さ、論功行賞の大盤振る舞いに感服。以後のモチベーションは、施設の完成よりも、このボスをどれだけ感動させられるか、感動の質と量にこだわり、アイデアを夢想する毎日だった。

そんな数々のアイデアのうち、ボスをとっても感動させたもの、それは「折鶴の壁」(現:おりづるの壁)。この巨大なオブジェの思想、意義、持続性は、施設の存在意義、つまり「施設の魂」になり、施設が存在する限り、経営に貢献し続けてくれることを説明。この提案に対するトップの感動は半端なく、プロジェクト名称が「広島ピースタワー」から「おりづるタワー」に変更になったほど。施設名称については、県民や市民の方々が「広島ピースタワー」と聞いて想像するイメージと、実際の施設が大きく食い違っちゃならん、ということで、2013年にこのプロジェクト構想を初めて外部公表する時から、施設が早期に市民権を得られるべく、各方面に丁寧な説明を行っていたが、「折鶴の壁」という提案によりあっけなく「おりづるタワー」にひっくり返ってしまった。なので、コアメンバーと酒を飲むときは、未だにその時の話題で盛り上がる。このプロジェクトで得たものは※4のとおり。

現在、廿日市市特別職も兼務しているのは、自分がまだ元気なうちに、一度、社会貢献に身を投じたかったから。この特別職案件は自分の地元からの話だったので、条件度外視、内容オンリーで応募したら、嫁さんに「(選ぶ)基準がおかしいだろっ!」と怒られたが後の祭り。その後、創業の必要性を認識するようになり、現在に至る。

奧村さん 定住促進に着手 広島「おりづるタワー」開業の立役者 広島マツダの松田哲也会長は「企画力や行動力でおりづるタワー開業を成し遂げてもらった。他人のために動くことが好きで、地域振興にも力を発揮すると確信している」とエールを送る
中国新聞2017年9月6日地域面より

(※4)
おりづるタワーは築40年弱で床面積10,000平米超の建物がベースになっており、それを柱と床だけ残してフルリノベーションしている。なので、法令や技術面の検討課題が、施工前からバンバン沸きでてくるし、施工中も容赦なく降り注いでくる。当時、施主の現場責任者として、ボスの代わりに主体的に判断していったのだが、これが百戦錬磨の礎となり、相当な見識を積むことができた。よって今でも何の建築資格も持ってないが、ゼネコン、工務店、不動産業者からは「話の分かる施主」として扱っていただける、感謝。

そして、古いビルのリノベにつき、制約や事件?!が半端なく、旧ビルの部分解体中、改修中、いずれにおいても問題が湯水のように湧き出る毎日。おかげで、問題解決能力は一級品に仕上がった、感謝。

更に、モデル事例のない複合施設構想であり、世界遺産の隣にあるという希少性や重大さもあって、事業理念の詰めに始まり、お客様に提供するサービスなどの設定や構築まで、暗中模索、試行錯誤、寝る間も考えるほどの毎日。おかげで、観察、洞察、考察、など、心の目も一級品に育った。

私の強みである「問題解決能力やアイデア創出力」などは、全部このプロジェクトで身に付いたといっても過言ではなく、苦楽を共にしたボスやメンバーには永遠の感謝を申し上げたい。